TOEICスコアアップの秘訣32 “速読2”

5文型を理解する

速読について別の話をします。速読する際にどこまでが動詞なのか修飾語なのかを理解する為に、英文構造を理解する必要があります。中学生レベルで習った5文型を思い出してください。文脈を理解する際に非常に役に立ちます。復習を兼ねて纏めてみましょう。

基本の5文型

第1文型: S+V 主語+述語
第2文型: S+V+C 主語+述語
第3文型: S+V+O 主語+述語+目的語
第4文型: S+V+O+O 主語+述語+目的語+目的語
第5文型: S+V+O+C 主語+述語+目的語+補語

この5文型に当てはめていくと、第4文型、第5文型は第1~3に比べてパターンが少ないように思えます。つまり逆にゆうと動詞が決まってくるので特定の動詞が来た時だけ、目的語が2つ続いている、目的語の後に補語がついていると認識するだけで十分です。

第4文型の代表的な動詞

bring me something
buy me something
give me something
feed me something
hand me something
lend me something
make me something
offer me something
pass me something
promise me something
pay me something
sell me something
send me something
show me something
teach me something
owe me something
tell me something
throw me something
write me something

上記の場合は私に~を〇〇すると考えます。目的語の1つめはmeだったりhimだったりしますがmeで考えるとわかりやすいです。

第5文型はO=Cの形

使役動詞 make,let,have
知覚動詞 see, smell, feel, hear
その他 call, find, keep, leave, drive, name, appoint, drive

文型を理解して前から読んでいく事が重要

速読の基礎は前から読んで理解していくことです。前に行ったり後ろに行ったりしていると脳内での文章の組み立てや目がキョロキョロしてしまって時間がかかってしまいます。Readingセクションを時間内に終わらせる為には文の最初から読んでいく必要があります。

速読の方法をマスター

TOEICオンライン塾では、生徒さんの目標スコアに合わせたトレーニングをコーチングしています。速読の方法を丁寧に教育させて頂きますので、継続して生徒さんも努力が必要不可欠です。まずはTOPページより無料レッスンのご予約をお願いします。お待ちしております!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中